投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


更新情報 新しい文書

 投稿者:RYO  投稿日:2017年 7月30日(日)11時29分40秒
  新しい文書をアップしました。
「サパティスタ連帯企画」メキシコ先住民運動の現在進行形:EZLNとCNI2016-2017(2017年4月1日開催)に関連する2報告です。上記の集会で報告した角智春と小林致広が、レコムの季刊誌『そんりさ』の160号、161号に発表した文章を、加筆修正したものです。現在(7月23日から)、2017年度のコンパルテ集会が去年と同じ場所で開催されています。8月からは、新しいサーバースペースの運営が始まることも予告されています。http://comparte.digital

メキシコ 先住民統治議会創設と女性広報官の大統領候補登録/小林致広
http://zapwest.cool.coocan.jp/mune170001.htm

サパティスタの2016年 アートとサイエンスと運動/角智春
http://zapwest.cool.coocan.jp/sumi170001.htm


 

サパティスタの第2回コンパルテ集会

 投稿者:むね  投稿日:2017年 7月28日(金)17時45分8秒
  2017年のコンパルテの集会(7月24日から今日まで)の様子は以下のFBで観ることができます。
音楽、演劇、パフォーマンス、詩の朗読など、色とりどりです。

https://www.facebook.com/comparte2017/

https://www.facebook.com/comparte2017/

 

(無題)

 投稿者:???  投稿日:2017年 7月25日(火)21時14分13秒
       鬼畜な資本主義

 アメリカから、「冷徹な資本主義」が上陸
して来る。
 それが日本古来の、「根性」「忍耐」「滅
私奉公」と合体した時、恐ろしい怪物が生ま
れるであろう。
 その怪物は、美しき野山を踏み荒らし、清
き川を有害化学物質で穢す。
 人々は失業と貧困の恐怖に怯え、閉塞感に
苛まれる。
 人心の荒廃は甚だしく、あらゆる犯罪が世
にあふれる。
 殺人・強盗・放火・略奪―職を失った若者
達は、生活のために白昼堂々人を殺し、現金
を奪う。
 この国に、アメリカとよく似た光景が広が
るであろう。
     埼玉一八八四
 

更新情報 サパティスタ・先住民全国議会の声明

 投稿者:RYO  投稿日:2017年 6月22日(木)21時42分43秒
  先住民統治議会創設集会決議の翻訳文(2017.5.28)をアップしました。
関西グループ・フロントページもしくは下記アドレスよりご覧ください。

「時機到来-先住民統治議会(CIG)創設集会決議/先住民全国議会、サパティスタ民族解放軍」
http://zapwest.cool.coocan.jp/EZLN170528.htm


 

5.15講演会

 投稿者:RYO  投稿日:2017年 5月 3日(水)02時01分46秒
編集済
  5月15日(月)京都・堺町画廊にて「インタグの鉱山開発を考える」実行委員会の主催により下記の講演会が開催されます。ぜひご参加を。

****************************************************************
≪エクアドル・インタグSOSキャンペーン≫
5.15講演会「水を守り、水と共に生きる-小水力発電の可能性 ~持続可能な地域づくりへ~」

講演「小水力発電、その実例と可能性」 古谷桂信さん
報告「インタグ小水力発電の試み」 一井リツ子(インタグ実行委員会)
  「エクアドル大統領選挙について」 一井不二夫(インタグ実行委員会)

21年にわたり鉱山開発に抵抗してきたエクアドル・インタグの住民たち、その抵抗の基盤の一つとなってきたのが破壊的な開発とは異なる「別の道」-森林農法によるコーヒー生産をはじめとした様々な営みです。現在、中央政府らが鉱山開発を強権的に推し進めようとするなか、インタグの地域自治体と住民らは森や水資源を守るため小水力発電の事業を模索しています。
今回の講演会では日本において小水力発電の事業を推進している古谷柱信さんをお招きし、小水力発電の一般的内容や事例、その自然に負荷の少ない持続的なエネルギーとしての可能性などについて話していただく予定です。また実行委よりインタグにおける小水力発電の模索の意義や現況などについて報告したいと考えています。みなさんのご参加をお待ちします。

日時 2017年5月15日(月) PM 7:00-9:00
会場 堺町画廊
  京都市中京区堺町御池下ル
  http://sakaimachi-garow.com/blog/?page_id=110
参加費 1000円(インタグコーヒー付き)
問い合わせ 075-601-6409(一井)
主催「インタグの鉱山開発を考える」実行委員会
HP: http://intagcampaign.web.fc2.com/index.intag.htm
blog: http://blog.goo.ne.jp/ykitahata

古谷桂信さんプロフィール
1965年 高知県生まれ
1990年 フォトジャーナリストとして活動。中米グアテマラのマヤの人々の取材・撮影を続ける。
   国内では、水環境をテーマに、四万十川、琵琶湖、淀川などを撮影。
2011年3月、高知小水力利用推進協議会設立 事務局長
2011年4月、全国小水力利用推進協議会理事
2012年8月、地域小水力発電株式会社設立 代表取締役就任
著書『トウモロコシの心?マヤの人々とともに』 高知新聞社
  『どうしてもダムなんですか?淀川流域委員会奮闘記』岩波書店
  『地域の力で自然エネルギー』岩波ブックレット共著

チラシ PDF B5
http://zapwest.cool.coocan.jp/intag5.15.pdf

**********************************************************************
 

更新情報 サパティスタの声明

 投稿者:RYO  投稿日:2017年 4月 7日(金)21時07分17秒
編集済
  サパティスタの新しい声明(2017.2.14)をアップしました。
フロントページもしくは下記アドレスよりご覧ください。

上の世界の壁、下の(そして左からの)世界の亀裂/副司令官モイセス、副司令官マルコス
http://zapwest.cool.coocan.jp/EZLN170214.htm




 

4.1 サパティスタ連帯企画

 投稿者:RYO  投稿日:2017年 2月20日(月)18時34分16秒
編集済
  サパティスタ連帯企画を4月1日(土)京都・かぜのねにて開催いたします。
みなさんの参加をお待ちします。

********************************************************************

【サパティスタ連帯企画】
「メキシコ先住民運動の現在進行形:サパティスタ民族解放軍と全国先住民議会 2016-2017」

○「EZLNの2016年、アートとサイエンスと次なる一歩」 報告 角智春さん
○「サパティスタたちによる映像制作:Ayotzinapa連帯集会レポート」 DVD上映と解説 佐々木祐さん
○「CNIの提起する先住民統治議会構想」 報告 小林致広さん

□ 2017年4月1日(土)
□ 京都・かぜのね 多目的スペース
 京都市左京区田中下柳町7-2
 京阪「出町柳駅」出口⑥より徒歩1分 TEL 075-721-4522
 http://www.kazenone.org
□ 開場 14:45 開始 15:00 (17:20終了予定)
□ 参加費 700円
□ 主催 メキシコ先住民運動連帯関西グループ
        DQM06014@nifty.com

メキシコ長期滞在の方のお話やDVD上映など、サパティスタと先住民運動の最新情報をお届けする予定です。
みなさんの参加をお待ちします。なお終了後にかぜのねで交流会も予定してます。

角智春さんプロフィール: 東京外国語大学国際社会学部ラテンアメリカ地域専攻。2016年3月より一年間メキシコで生活し、EZLNのイベントや外部支援組織の活動に関わる。出版社ミシマ社のウェブマガジン『みんなのミシマガジン』「すみちゃんのめひこ日記」にて放談爆発。

チラシ PDFデータ B5サイズ
http://zapwest.cool.coocan.jp/zap20170401.pdf


 

「2.19鉱山開発をめぐる講演会」当日の交通規制について

 投稿者:RYO  投稿日:2017年 2月 7日(火)15時17分16秒
編集済
  告知しました「鉱山開発をめぐる講演会」当日の2月19日(日)に「京都マラソン」なる催しが行われ、朝から16:30にかけて大々的な交通規制が敷かれるとのことです。
市バスは大幅に路線変更となり会場最寄りの熊野神社は通りません。またマラソンコースは歩行での横断も規制され限定されたところしか横断できないようです。
規制図を見るかぎり京阪電車で神宮丸太町駅下車5番出口なら支障なく会場に辿り着けそうに思えますが、参加予定の方は下記より「交通規制等の予定(詳細版)」のPDF図等をご覧のうえ各自経路をご判断ください。京阪利用推奨です。

京都マラソン2017 当日の交通影響
http://www.kyoto-marathon.com/traffic/



 

2.19 ラテンアメリカ鉱山開発をめぐる講演会

 投稿者:RYO  投稿日:2017年 2月 4日(土)06時41分45秒
編集済
  2.19 ラテンアメリカ鉱山開発をめぐる講演会
「資源ブームとラテンアメリカ―21世紀初頭の経験―」
講師 岡田勇さん / 名古屋大学院国際開発研究科 国際協力専攻 准教授

【日時】2017年2月19日(日)PM2:00-4:30
【会場】京都教育文化センター102会議室
  http://www2.odn.ne.jp/kyobun/image/kinpenmap.GIF
【講演】「資源ブームとラテンアメリカ―21世紀初頭の経験―」岡田勇さん
    「エクアドル・インタグ鉱山開発と現状」一井リツ子(インタグ実行委員会)
【参加費】1,000円(予約不要)
【主催】「インタグの鉱山開発を考える」実行委員会
  HP: http://intagcampaign.web.fc2.com/index.intag.htm
  blog: http://blog.goo.ne.jp/ykitahata
【問い合わせ】075-601-6409(一井)

岡田勇さんプロフィール:専門は比較政治学、ラテンアメリカ政治。博士論文は、ペルーとボリビアの先住民運動とその歴史的背景について。その後、ラテンアメリカ地域が21世紀初頭の石油・天然ガス・鉱物資源価格にどのように影響されてきたかを広く研究。著作:『資源国家と民主主義―ラテンアメリカの挑戦』名古屋大学出版会、2016年9月刊

岡田さんからは(1)ラテンアメリカ地域の人々にとって、古くも新しくもある現象としての2003~2014年の資源価格の高騰とそれに促された資源開発の波、(2)資源開発における、合意形成野の欠落とその理論的背景、(3)ペルーのカハマルカの事例あるいはボリビアの鉱業協同組合の事例、などについてお話いただく予定です。
また実行委員会の一井よりエクアドル・インタグ鉱山開発について現状などをお届けいたします。インタグでは、急速な開発主義の拡大により、教会・学校等・居住区を含む土地の80%の採掘権が、地域住民の意思を無視して多国籍企業等へ譲渡されあるいは譲渡手続き中という事態に陥っています。またエクアドル鉱山開発公社とチリ銅公社の合弁事業により多様な生態系を誇る雲霧林内で試掘が行われ、水質汚染がすでに発生しています。
 

次回定例会のお知らせ

 投稿者:RYO  投稿日:2016年11月24日(木)20時25分12秒
編集済
  □ 定例会のお知らせ

メキシコ先住民運動連帯関西グループ次回定例会は12月10日(土)です。
柴田修子さんからラテンアメリカリポート掲載論稿「サパティスタ22年の歩み」をベースに話していただき、
小林致広さんから全国先住民議会とサパティスタの「2018年大統領候補に先住民女性選出の方針」について話していただきます。
お気軽にご参加ください。

2016年12月10日(土)
午後4:00~6:00(予定)
community center ポポロ
大阪市北区堂山町8-13 堂山ビル4F
古いビルの4Fの会議室です。
06-6314-0796(当日のみ)
地図 http://zapwest.cool.coocan.jp/map.htm
参加費 500円

 

/57