投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


5月7日のEZLNのサンクリストバル集会

 投稿者:むね  投稿日:2011年 5月10日(火)15時49分57秒
編集済
  正義のため、免責に反対する全国行進」の一環として、5月7日にEZLNがサンクリストバル市で行った集会には、1万人以上が参集し、画像で見る限り、大聖堂前の広場は人で埋まっていました。
集会の様子は//vimeo.com/23479770、 ダビ司令官の演説は//vimeo.com/23427224で見ることができます。
5月8日の首都メキシコ市で集会は、6.5万人が参加したようです。

http://vimeo.com/23479770

 

サパティスタの全国行進参加への呼び掛けのコミュニケ

 投稿者:むね  投稿日:2011年 5月 2日(月)14時37分36秒
編集済
  ひさしぶりにEZLN地下革命委員会のコミュニケが出ました。
それは、「カルデロンの戦争反対、血はもうたくさんだ」というスローガンのもと、5月初旬に企画されている「正義のため、免責に反対する全国行進」に、サパティスタ支持基盤組織も、5月7日のサンクリストバル市で沈黙の行進という形で参加するというものです。
コミュニケでは、5月5日クエルナバカを出発、5月8日にメキシコ市到着の行進に別のキャンペーンの支持者が参加するように訴えているとともに、各地の先住民組織にもそれぞれの場所で行進を組織するように呼びかけています。
 

次回定例会

 投稿者:RYO  投稿日:2011年 2月13日(日)03時12分23秒
  メキシコ先住民運動連帯関西グループ次回定例会は2月24日(木)です。
特にテーマは決めていませんが、お気軽にご参加ください。

2011年2月24日(木)
午後 6:30-8:30
community center ポポロ
大阪市北区堂山町8-13 堂山ビル4F
06-6314-0796(当日のみ)
参加費 500円
 

サムエル・ルイス元司教死去

 投稿者:むね  投稿日:2011年 1月27日(木)14時47分51秒
編集済
  チアパス州サンクリストバル司教を長く務めたサムエル・ルイスが2011年1月24日に死去。
サパティスタ民族解放軍(EZLN)は、モイセス司令官とマルコス副司令官の名前で、2009年3月以来、久しぶりの追悼のコミュニケを発表する。
 

みなさま

 投稿者:ささき  投稿日:2010年12月28日(火)16時58分17秒
  ご無沙汰しております、ささきです。
1月1日より10日ほどメキシコに調査に出掛けてきます。チアパスにもちょっとだけ寄る予定です(といってもサンクリ周辺のみですが)。お土産などのリクエストがありましたらどうぞ。
それでは、良いお年を。
 

COP16へのアンデスからの訴え

 投稿者:RYO  投稿日:2010年11月30日(火)22時30分9秒
編集済
  京都にて下記企画が行われるとのことです。関心のある方はぜひ。
(以下情報転載)

*********************

モラレス大統領来日歓迎12・5 学習会
【気候変動と「マザーアースの権利」 COP16へのアンデスからの訴え】

●日時:2010年12月5日(日)午後2時~5時
●場所:京都・「かぜのね」
 京阪「出町柳」駅から徒歩2-3分
 http://www.kazenone.org/

●【報告1】
「コチャバンバからカンクンへ-「気候債務」返済要求とクライメート・ジャスティス運動の発展」
 内富 一さん(ジュビリー関西ネットワーク)
●【報告2】
特別報告「森林も先住民族も売り物ではない!-「自然の商品化」を拒絶し「マザーアースの権利」を求めるアンデス先住民族運動」(仮題)
 青西 靖夫さん(開発と権利のための行動センター)

青西さんが参加された生物多様性条約COP10(10月名古屋)における世界の先住民族運動側の主張やボリビア政府代表の発言についての報告などを含めて「自然(母なる地球)は売り物ではない」と訴え続けているアンデス先住民族運動の求めているものをお話ししていただきます。

●資料代:500円
●主催:実行委員会
実行委員会呼びかけ:ジュビリー関西、ATTAC京都、ATTAC関西
実行委員会連絡先:yasuni@attac.jp

気候変動防止のためのCOP16がメキシコ・カンクンで始まります。
昨年のコペンハーゲンでのCOP15は、責任ある温暖化防止のための目標と約束を求める「南の諸国の必死の訴えや、オバマ政権と鳩山政権の下でのチェンジへの期待にも関わらず、京都議定書の第1約束期間以降の目標について合意できませんでした。
ボリビア政府は、無限の経済成長の追求が地球環境を破壊していることを批判し、4月にコチャバンバで「気候変動とマザーアースの権利に関する世界民衆会議」を開催しました。この会議で採択された「コチャバンバ合意」は国連にも提出され、COP16でも検討されることになっています。
「コチャバンバ合意」は「開発と権利のための行動センター」のウェブに全文の日本語訳が掲載されています(http://cade.cocolog-nifty.com/ao/2010/04/post-c4fb.html
私たちはエクアドルにおけるヤスニITT計画や鉱山開発に反対する先住民族運動とともに、ボリビア政府によるこのイニシアチブに注目してきました。そのボリビアのモラレス大統領が12月7日に来日します。この機会に、気候変動や地球環境についての「南」の側の主張を知り、日本や「北」の諸国におけるこの問題への取り組みとどのように関連付けるかを探っていくために、学習会を開催します。どなたでも自由に参加できます。ぜひご参加ください。
 

次回定例会

 投稿者:RYO  投稿日:2010年11月16日(火)16時38分8秒
編集済
  メキシコ先住民運動連帯関西グループ次回定例会は12月10日(金)です。
特にテーマは決めていませんが、お気軽にご参加ください。

2010年12月10日(金)
午後 6:30-8:30
community center ポポロ
大阪市北区堂山町8-13 堂山ビル4F
06-6314-0796(当日のみ)
参加費 500円
 

チリのアルピジェラ展と講演会

 投稿者:むね  投稿日:2010年10月 8日(金)13時13分0秒
  大阪大学博物館で、チリのピノチェット軍政に抵抗する女性たちによって作成されたキルト(アルピジェラ)の展覧会と講演会が大阪大学博物館(豊中キャンパス、阪急石橋)で開催されま。
期間:10月12日から16日
講演会は10月16日の13:30分~16:00
太田昌国さんがゲストで話すようです。

詳しくは gcoe.hus.osaka-u.ac.jp/101012stiching_resistence.html
 

10/3 ラテンアメリカ連帯企画

 投稿者:RYO  投稿日:2010年 9月 7日(火)22時16分1秒
編集済
  10月3日(日)京都にて、「わたしの出会ったコロンビア先住民族」と題したフォトジャーナリスト柴田大輔さんの講演と写真を中心にラテンアメリカ連帯企画を下記のとおり開催いたします。柴田さんは東京在住なので関西で話をきける機会は希少と思います、ぜひこの機会に。なおサパティスタ自身の制作したドキュメント映像もいくつか紹介予定です。

(転載転送歓迎)
- 10/3 ラテンアメリカ連帯企画 -
□ 講演と写真「わたしの出会ったコロンビア先住民族」 柴田大輔さん(フォトジャーナリスト)
□ シネミンガ(映像NGO)の紹介
□ サパティスタ制作のドキュメント映像の紹介

2010年10月3日(日)
ひと・まち交流館 京都 第二会議室
京都市 河原町五条下る東側(市バス「河原町正面」) TEL 075-354-8711
開場 13:30 開始 14:00 終了予定 16:30 参加費 700円
主催 メキシコ先住民運動連帯関西グループ
共催 日本ラテンアメリカ協力ネットワーク(RECOM)
INFO DQM06014@nifty.com

フォトジャーナリストの柴田大輔さんは、2007年にエクアドルに暮らすアワ民族を中心としたコロンビア難民グループと出会い、彼らと交流を深めながら、 難民としての困難な状況だけでなく、自分たちのアイデンティティや土地の記憶を大切にして「普通の生活」を望み暮らす人々の姿を丁寧に取材され続けています。今年の1月の講演会に続いて、7月に再訪されたときの報告とともに、 コロンビア国内で先住民族組織を作って自分たちの土地の権利や尊厳のために闘っている人たちについても、写真の数々とともにお話ししていただきます。またコロンビアの先住民族の人たちが自ら主体となって映像を撮るシネミンガというグループの紹介や、 メキシコの先住民運動サパティスタの映像グループが撮ったドキュメント映像も併せてご紹介したいと思います。

「『ミンガ』(ケチュア語がルーツ)は、社会を良くする為の協働作業であり、共有する事であり、互いの学び合いであり、集団の屈強さを意味します。アメリカの『ラコタ』や沖縄の『ゆいまーる』も同様の言葉です」(シネミンガHPより)

チラシ(PDF 活用歓迎)
http://homepage2.nifty.com/Zapatista-Kansai/10100301.pdf
http://homepage2.nifty.com/Zapatista-Kansai/10100302.pdf
 

情報 シンポジウム「ヤスニ計画:アマゾンの自然を守る逆転の発想」

 投稿者:RYO  投稿日:2010年 8月31日(火)23時34分22秒
編集済
  エクアドル・コレア大統領来日にあたり9月5日(日)京都にて下記シンポが開催されるとのことです。シンポジウムの呼びかけ文やヤスニ計画の内容については下記HPを参照ください。
(ジュビリー関西ネットワークHP)
http://d.hatena.ne.jp/Jubilee_Kansai/20100831/1283248421

************************************************************************

シンポジウム「ヤスニ計画:アマゾンの自然を守る逆転の発想」
-コレア大統領来日にあたって-

□ 日時:9月5日(日) 午後2時~5時
□ 場所:京都・「かぜねの」 京阪・出町柳駅から徒歩すぐ
http://www.kazenone.org/modules/contents/index.php?content_id=3
□ 資料代:300円
□ 内容:
①映像上映
・エクアドル・アマゾン地域での石油開発による環境破壊・先住民族被害の深刻な実態を描いた映像
・「ヤスニITTイニシアティブ」に関するエクアドル政府制作の広報映像(日本語字幕付き)
②各分野からの発言・問題提起など
環境・気候変動・生物多様性・先住民族・債務問題・フェアトレードなど各分野の研究者・NGO関係者から「ヤスニITTイニシアティブ」やエクアドル市民社会との連帯・交流に関連した発言や問題提起を受けて全体で討議します。
□ 主催:シンポジウム「ヤスニ計画:アマゾンの自然を守る逆転の発想」実行委員会
□ 実行委員会呼びかけ:内富一(ジュビリー関西)、春日匠(ATTAC京都)、喜多幡佳秀(ATTAC関西)
□ 協力:ATTAC関西、ATTAC京都、ジュビリー関西、市民社会フォーラム(8月31日現在、協力団体募集中です)
 

/57