teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→


新着順:11/132 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ついに今週末!!

 投稿者:DMS スタッフ  投稿日:2007年 9月12日(水)21時25分7秒
  通報 返信・引用
  管理人様告知失礼します。



歌舞伎町のライブハウス新宿[MARZ]と
3peace+2mixerのdub reggae band
[DUBJUANA midnight SYSTEM]が、おくる
dub/reggaeパーティ第1弾!
"SOUL GRAVITATION"
国内でも有数の音響システムを誇るMARZで豪華メンツ!オールナイトで開催!!


9月15日(土) 新宿MARZ

SOUL GRAVITATION voi.1
Open / Start 23:30
adv.\3000 with 1drink (Lコード36687)


Bands

RUDE BONES
ICCHIE (ex.Determinations)
The HEAVY MANNERS
Dubjuana midnight system meets NARI (SCAFULL KING)

Djs

Shiro the goodman
KZ Sudo (The ZOOT16)
Saudi (未来世紀メキシコ)
KiliGiliS a.k.a. CUY (SPASE COTTON)

Vj

HAMA (未来世紀メキシコ)


■THE HEAVYMANNERS
2001年夏、Fuji Rockグリーンステージにおいて、当時、最強のリズムセクションの名を欲しいままにしたドラムとベースのコンビ、《DRY&HEAVY》衝撃の解体宣言後、盟友GOTH-TRADと共に、現在、前人未踏の世界最先端DUB SOUNDを引っさげ、世界 にその名を轟かせる《REBEL FAMILIA》で活動する、日本が世界に誇るレゲエ・ベーシスト、秋本“HEAVY”武士が、ドラムに當山孝史 ex.CULTIVATOR、そして自ら探し出し育て上げた新進気鋭の若手レゲエミュージシャン達をメンバーに迎え入れ結成した、日本レゲエシーン待望のダブ・レゲエ・バンド。
2002年、Fuji Rockホワイトステージで行われた、shing02&THE HEAVYMANNERSとしての一度きりの、今や伝説のライヴを最後に、レゲエシーンにおいて沈黙を守り続けてきた秋本が、5年ぶりに、遂に本格的に活動を開始!衝撃的なカムバックと共に日本レゲエ・ダブ・シーンに再び音のテロを遂行する!

■RUDE BONES
1994年結成、日本におけるスカ×コアシーンのパイオニア的存在
現在までに、メジャー、インディーズ合わせアルバムを7作品発表し、国内外の様々なコンピレーションアルバムにも参加。
MIGHTY MIGHTY BOSSTONES、BUCK O NINE、BAD MANNERS、MURPHY'S LAW、VOO DOO
GLOW SKULLS、FISHBONE、SPECIALS、SKATALITES、SLACKERS、BUSTERS、LONG BEACH DUB ALLSTARS等の来日サポートにも抜擢され、海外でのツアー経験が豊富な為、アメリカをはじめヨーロッパ諸国からも絶大な支持をえている。
2007年9月、幾多のメンバーチェンジを経て新たなスタートを切った新生RUDEBONESから目が離せない!!

■DUBJUANA MIDNIGHT SYSTEM
2005年12月レゲエミュージックの新しい形を模索し、音楽をとうしての世界平和を真剣に考えるため東京杉並下井草近辺で結成、都内を中心にライブ活動を始める。
2006年9月1stアルバム「LUNCH TIME SERVICE」をT.M.D.Recordsより発表、
同年10月初の全国ツアーを敢行。無理矢理成功と思い込む
2007年1月[E.D.O. Echo Sound System]のダブミキサーJINYAをフューチャーしREGGAE
SNOWSPLASH ‘07 in 白馬に参加。ライブの成功と雪景色に気を好くしたJINYAをそのままメンバーに引きずり込む。
さらにその場に居合わせた[Shinjyuku MARZ]勤務のオペレーターTakeshi Koizumiまでにもバンドのメンバー入りを強要、なんとか承諾を得る事に成功。
現在、不定期開催の自主企画「GREEN LEVEL」をはじめ、ジャンルレスに様々なイベントに出演、RICO RODRIGUEZ , Mr.SYMARIP a.k.a ROY ELLISなど、海外のビッグアーティス
トとも共演をはたしつつも、更なる高みを求めて、果てしなき修行の日々をおくっている。

■ICCHIE
市原大資。1990年代から関西で音楽のキャリアをスタート。
SKAバンド "determinations"のトランペッター、DUBバンド "Bush of Ghosts"のリーダー、
トランペッターを経て現在ソロ活動中。トロンボーン、トランペット、DJ、トラック制作、
リミックスで様々なプロジェクトにも参加する。
ソロでは自作トラックをダブミックス、トロンボーンを重ねるスタイルを展開

■SHIRO THE GOODMAN
COM.Aと共に主宰する[ROMZ]のレーベル・プロデューサー/A&Rでもあり、日本全国津々浦々飛び回る、オール・イン・ザ・ミックスなオリジナルDJ。レゲエとロックンロールが縦軸で、エレクトリックでインダストリアルな(中略)が横軸……馬鹿げたヴァイヴスで一つにまとめあげられる、嘘サウンド。
現在までにミックスCD [踊り狂って飯が腐るのだ](ROMZ RECORD/RMZ-007)、監修V.A[Summer Tracks] RECORD/RMZ-015/6)などをリリース。
リミキサーとしてはニュー・スタイル・ダブ・バンド[TRIAL PRODUCTION]、[BUSH OF GHOSTS]や、[赤犬]、 [Filastine]、[KAADA]、また、アメリカのジャズ・トランペット奏者[Brian Lynch]などを手がけている。

■KZ SUDO
CARRIBBEAN DANDY/THE ZOO16/ZOOTss tokyo shop代表
素敵な先人方に導かれ幾千もの夜を越えて(下北沢ZOO発青山MIX経由)今日に至る。
共通体感言語はレゲエ。レベル好き。近年のロック・ラティーノに激しく共感。


■KiliGilis a.k.a. CUY
2004年9月よりdrum'n'bass DJとして活動を開始.
今日に至るまで,国内外のさまざまなトップアーティストとの共演を果たす.
2006年以降は,都内でのパーティーオーガナイズやDRUM & BASS SESSIONSへの参加など精力的に活動範囲を広げている.
壮大なベースラインと古き良きdrum'n'bass classicsでフロアをはめる彼のグルーヴは時にウワモノの繊細さを兼ねそろえ聴くものの心を捉えて放さない.

■SAUDI
2003年、青山MIXでDjとしてのキャリアを本格的にスタートさせる。
その後、MIXに集まった仲間達と、イベント「未来世紀メキシコ」(@ 三軒茶屋DUNE)を始め、着実に動員を伸ばして行く。
現在、下北沢ROOMに拠点をおく傍ら、Caribbean  Dandy、Japonicus主催のイベントにも参加。
ジャンルに捕らわれず活動の場を広げていくなかで、”ROCK LATINO”を通し、人間の心の在り方を模索中!


貴重なスペースありがとうございます
不適切でしたら削除おねがいします
 
 
》記事一覧表示

新着順:11/132 《前のページ | 次のページ》
/132