投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


(無題)

 投稿者:匿名  投稿日:2019年 5月19日(日)13時27分54秒
  政府のお偉方連中が、いい加減で暴力的な
発言をすれば、それだけ支持率は上がる。
 野党は発言者を批判するが、民衆の間から
擁護する声が多数上がる。
 民衆は権力者の味方だ。
 権力者に意見を言う者は群衆から袋叩きに
遭う。
 権力者は不満分子を迫害しない。
 迫害者は民衆の中にいるのだ。
            ★
         1 8 8 4
 

3月30日 メキシコ報告会

 投稿者:むね  投稿日:2019年 3月16日(土)22時40分21秒
編集済
  2019年3月メキシコ報告集会
メキシコ「左派」新政権の新自由主義路線
―AMLO/MORENA政権の「第4の変革」と領域防衛・抵抗闘争―

2018年7月の選挙で、ロペス・オブラドール(通称AMLO)は得票率53%で大統領に当選し、国民再生運動(MORENA)は下院議席の過半数を占めた。旧来の大統領支配体制を変革するため「第4の変革」を掲げるAMLOは、就任当日のソカロ広場での「先住民指導者の杖」伝達式で100項目の公約を発表した。既存の政治特権の排除、権力マフィアの一掃、腐敗の根絶とともに、先住民・女性・高齢者・若者など弱者優先を強調し、外交的には不干渉主義を鮮明にし、就任後100日目のAMLO支持率は80%超となっている。
1980年代以降の新自由主義政策で疲弊したメキシコの再生という構想は、反新自由主義路線と言えるのか?世紀初頭に構想されていた巨大開発計画は装いを変えて存続し、外資に認可された開発利権は有効のままである。一方、土地や資源の略奪に抵抗する人々に対する弾圧は止むことがない。報告では、3か月の統治期間で明らかとなった「左派」新政権の実像について明らかにするとともに、土地領域・資源の防衛を継続しているサパティスタ(EZLN)や全国先住民議会(CNI)傘下の先住民運動の動向についても紹介する。

「マヤ鉄道計画」:抵抗するサパティスタ vs AMLOの「第4の変革」
サパティスタに対し、保守派、貧乏人、ファシスト、ネオリベ、裏切者、サリナスの手先といった批判

日 時:2019年3月30日(土曜)午後2時~5時
場 所:多目的スペース かぜのね
    京都市左京区田中下柳町7-2
Tel:075-721-4522
報 告:小林 致広
参加費:500円、事前申し込み不要
主 催:メキシコ先住民運動連帯関西グループ
(DQM06014@nifty.com)
ブログ「ラテンアメリカの政治経済」
(090-1952-9886)
 

(無題)

 投稿者:匿名  投稿日:2019年 3月11日(月)21時18分51秒
     蘇る都市、終わらないどん底

 未曽有の災厄で荒地となった土地に、新
しい家と商店が建ち並ぶ。
 町の活気は蘇り、人々の笑顔があふれる。
 その一方、壊れ傾いた廃屋に住む貧しき
人々が多くいる。
 彼らには、どん底から脱出できる力はな
い。
 人々は彼らを、自己責任と呼んで放置す
る。
 安酒だけが貧乏人の子守歌。
         ★
      1 8 8 4

 

更新情報 新しい文書

 投稿者:RYO  投稿日:2018年 8月19日(日)07時48分24秒
  文書をアップしました。
サパティスタが今春開催した「第一回闘う女性たちの国際・政治・芸術・スポーツ・文化集会」(2018.3-10)に参加された角さんの文書です。ぜひご一読ください。

闘う女性たちの集会 - 2018年春のサパティスタ運動から/角智春 2018.7
http://zapwest.cool.coocan.jp/su20180700.htm

 

「メキシコ麻薬戦争の真実-行方不明の家族を探す人々-京都集会」のお知らせ

 投稿者:RYO  投稿日:2018年 8月19日(日)07時42分41秒
編集済
  メキシコより行方不明者家族の会「ソレシート」の代表ルシア・ディアスさんを招き集会が開催されます。
詳細はチラシをご覧ください。ぜひご参加を。
チラシPDF
http://zapwest.cool.coocan.jp/20180901.pdf

*********************************************************************
メキシコ麻薬戦争の真実-行方不明の家族を探す人々-京都集会
映画「ある捜索の記録」上映+講演会+インスタレーション「記憶の足跡」
*********************************************************************
□「映画「ある捜索の記録」上映+ルシア・ディアスさん講演会」
9月1日(土)13:30~17:00(開場13:00)
会場:ひと・まち交流館京都 第5会議室
参加費 無料

○ドキュメンタリー映画「ある捜索の記録」上映予定13:30~
メキシコ・麻薬戦争の犠牲となり、行方不明になった家族を探す3人の女性たちの活動を追うドキュメンタリー映画。
監督アリシア・カルデロン 2014年/メキシコ/74分/日本語・英語字幕

○ルシア・ディアスさん講演 開始予定15:10~
メキシコ・ベラクルス市を中心に活動する行方不明者家族の会「ソレシート」の代表であるルシア・ディアスさんの講演。
----------------------------------------------------------------------
□「インスタレーション「記憶の足跡」」
9月4日(火)~10日(月) 12:00~19:00
ただし9日(日)、10日(月)は17:00まで
会場:ひと・まち交流館京都 1階作品展示コーナー
参加費 無料

メキシコ人の彫刻家アルフレド・カサノバさんとそのグループによる作品。
行方不明の家族を探す人たちが履いていた靴底に、その人の思いのたけを述べた言葉を刻み、版画に。
靴を天井などからつるし版画とともに展示します。
----------------------------------------------------------------------
主催:日本ラテンアメリカ協力ネットワーク(RECOM)
共催:メキシコ先住民運動連帯関西グループ/ラテンアメリカ政治経済研究会


 

(無題)

 投稿者:???  投稿日:2018年 6月10日(日)21時33分9秒
   血生臭い光景が広がる。
 多数派社会の中で生きずらさを抱えた若者
が、短剣を振るい、人々を攻撃する。
 路上は血に染まり、人々は逃げ惑う。
 無理解・無慈悲・無個性・画一的・排外的
な現代社会―多数派社会が生んだ若き狂戦士。
 一人一殺から、一撃多殺へ。
 多数派社会が是正されぬ限り、追従者は各地
で怒りの短剣を振るうであろう。
 

4.14サパティスタ連帯企画

 投稿者:RYO  投稿日:2018年 3月25日(日)09時02分8秒
編集済
  サパティスタ連帯企画を4月14日(土)京都・かぜのねにて開催いたします。
みなさんの参加をお待ちします。

**************************************************

【4.14サパティスタ連帯企画】
「サパティスタとメキシコ先住民運動の現在」
====================================================================
「先住民統治議会の全国キャラバン(2017年10月~2018年2月)」小林致広さん
「サパティスタと世界の「闘う女性」たち」角智春さん
====================================================================
□2018年4月14日(土)
□京都・かぜのね 多目的スペース
  京都市左京区田中下柳町7-2 TEL 075-721-4522
 京阪「出町柳駅」出口⑥より徒歩1分
 http://www.kazenone.org
□開場 15:15  開始 15:30 (17:20終了予定)
□参加費 800円
□主催 メキシコ先住民運動連帯関西グループ
       DQM06014@nifty.com
===================================================
サパティスタ連帯企画を京都にて開催します。
EZLN主催「第一回闘う女性たちの集会」に参加された方の報告や先住民統治議会の
全国キャラバンについてなど、サパティスタとメキシコ先住民運動の最新情報をお
届けする予定です。みなさんの参加をお待ちします。なお終了後にかぜのねで交流
会も予定してます。
===================================================
チラシ PDFデータ B5サイズ
http://zapwest.cool.coocan.jp/zap20180414001.pdf
http://zapwest.cool.coocan.jp/zap20180414002.pdf
****************************************************


 

砂漠の花

 投稿者:むね  投稿日:2018年 2月12日(月)22時35分54秒
  メキシコの先住民統治議会(CIG)の女性広報官マリチュイと女性代議員たちは、2017年10月から2018年2月中旬まで、国内の先住民居住地域でキャンペーンを展開してきた。その目的は、2018年メキシコ大統領選挙にマリチュイを独立派候補として擁立するために必要な署名(約86万人)の収集ではなく、資本主義の破壊に抵抗するための組織化を推進するよう訴えることであった。署名期間中に収集できた署名は20%強にとどまっている。
2月初旬、Desinformémonosの編集長グロリア・ムニョスは、CIGを構成する10名の先住民女性のインタビュー記事、写真レポート、ビデオ映像などで構成される『砂漠の花』を発表した。詳しくは、次のwebページを参照してください。
https://floreseneldesierto.desinformemonos.org/

http://floreseneldesierto.desinformemonos.org/

 

(無題)

 投稿者:???  投稿日:2017年12月 5日(火)21時05分9秒
       多数派社会 日本

  現代の日本は多数派しかいない社会だ。
 みんなと同じように考え、みんなと同じよ
うに行動する。
 足並みを揃えぬ者や空気を読めぬ者、自己
主張をする者―彼らはこの国では敵と見做さ
れる。
 多数派しかいない社会は自由のない社会だ。
 ニート・引きこもりは、多数派社会の出現
によって発生した存在である。
 学校・企業・地域社会が少数派を排除し、
多数派だらけにすれば、日本は滅ぶ。
 社会から活力や情熱が失われ、政治や経済
は衰退に向かうであろう。
        ★
     埼玉1884
 
 

更新情報 新しい文書

 投稿者:RYO  投稿日:2017年 9月23日(土)14時11分16秒
  メキシコ地震関係の全国先住民議会(CNI)コミュニケをUPしました。ご覧ください。

全国先住民議会(CNI)と先住民統治議会(CIG)のメッセージ 2017.9.20
http://zapwest.cool.coocan.jp/CNI170920.htm

 

/58